二度(ドルトムント・プラハ)世界一に輝く! 松崎!!

ストックホルムの女王!森澤!!

ジェットドライブ伊藤! 世界チャンプに!!

中国を超えた!河野も世界一!!

生田から世界を制した栄光の先人達

 

*専修大学から世界チャンピオンが計11名(種目での金27個)

 

*世界選手権に出場した人数は延べ54名以上(男子29名、女子25名

 

 

 

<世界チャンピオン:金メダル数(優勝種目)>

 

松崎キミ代 7個 (T3, S2, W1, M1)

 

富田芳雄 4 (T3, W1)

 

森沢幸子 3 (T1,S1,W1)

 

河野満 3 (T2,S1)

 

渡辺妃生子 2 (T2)

 

伊藤繁雄 2 (T1,S1)

 

広田佐枝子 2 (T1,W1)

 

川井一男 1 (T1)

 

星野展弥 1 (W1)

 

井上哲夫 1 (T1)

 

高橋省子 1 (W1) 

 

 

 

T/団体>

 

男子:日本 7 回(内 6 回)

 

1954,55,56 富田芳雄(3

 

1954 川井一男(1)

 

1959 星野展弥(1)                

 

1967 河野満、

 

1969 河野満(2)、伊藤繁雄(1)、井上哲夫(1)

 

女子:日本 8 回(内 6 回)

 

 1954/57 渡辺妃生子(2,

 

1959/61/63 松崎キミ代(3,        

 

1967 森沢幸子(1)/広田佐枝子(1)

 

 

 

S/シングルス>

 

女子:日本 6 回 

 

19591963 松崎キミ代 2 (ドルトムント・プラハ)

 

1967 森沢幸子(ストックホルム)

 

男子:日本 6

 

1969 伊藤繁雄(ミュンヘン)、

 

1977 河野満(バーミンガム) 

 

 

 

W/ダブルス>

 

男子:日本 4 回(内 2 回)2

 

1956 富田芳雄/(荻村伊智朗)

 

1961 星野展弥/(木村興治)

 

女子:日本 6 回(内 3 回)4

 

1963 松崎キミ代/(関正子)

 

1967 森沢幸子/広田佐枝子

 

1975 高橋省子/(アレキサンドル:ルーマニア

 

 

 

MW/混合ダブルス> 日本 7 (内 1 回)

 

1961 松崎キミ代/(荻村伊智朗)  

 

昭和43年度 全日本団体戦 優勝!

 昭和43年度全日本団体、優勝!

伊藤、川井監督、河野、馬淵

インカレ 栄光の軌跡(男子)

インカレ 栄光の軌跡(女子)

。
こちらをクリックして下さい

◆卓球部80周年記念式典(2008年)の模様   →